雪中貯蔵酒"生酒"と"生詰"の違い

雪中貯蔵酒

 

雪中貯蔵酒には、"生酒"と"生詰"の2種類があります。

日本酒の仕込み方法での違いで言えば、

 

生酒=一切の火入れをしていないもの

生詰=1回のみ火入れしたもの

 

です。

 

風味の違いで言えば、

 

生酒=芯のある日本酒本来の風味を持つ

生詰=口当たりの良いまろやかな風味を持つ

 

と分けることができるでしょう。

ですから、日本酒好きの方には生酒が、あまり日本酒を飲み慣れていない方には生詰が向いていると言えそうです。

逆に、日本酒好きの方が生詰を飲むと、スイスイ飲んでしまい、後々になって周りの方のご厄介になるかも知れません。

 

どちらの雪中貯蔵酒も、好評販売中です。

それぞれ、720mlで2,020円です。

 

猪苗代町 リカーショップうかわ TEL:0242-65-2226


令和2年仕込み雪中貯蔵酒販売開始!

雪室の取材の様子

 

今日は、待ちに待った令和2年仕込み雪中貯蔵酒を掘り出す日です。

福島中央テレビ、福島放送、福島民友、福島民報、各報道関係者の方々が取材に来てくださいました。

ありがとうございます。

 

雪室の様子

 

「今年の仕上がり具合はどうだべ?」と覗いてみる時が、一番緊張します。

見ても味は分かりませんが、見てみたくなるのです。

 

雪中貯蔵酒の掘り出し

 

開けた穴から順次ケースごと出して来ます。

約4ヶ月ぶりに外へ出て来ました。

おつとめご苦労さまです。

 

インタビュー

 

作業後には、雪室の前でテレビ局からインタビューを受けました。

雪中貯蔵酒への想いについて、熱く語っているところです。

話が熱を帯びているので、後ろの雪もどんどん解けて行きます。

 

雪中貯蔵酒の試飲

 

そして最後に試飲です。

生酒、生詰(達筆過ぎて申し訳ありません)、ともに納得できる仕上りとなりました。

関係者で恒例の飲み比べとなり、作業終了です。

 

雪中貯蔵酒は、いつでも美味しく召し上がれますが、せっかくですので、できたてをご賞味ください。

取り置きも承ります。

それぞれ、720mlで2,020円です。

 

猪苗代町 リカーショップうかわ TEL:0242-65-2226


来週の今日 雪中貯蔵酒掘り出します!

雪室

 

来週水曜日(7/15)、いよいよ令和2年仕込みの雪中貯蔵酒を掘り出します。

現在は、雪室の扉を固く閉じて、保冷に努めているところです。

熟成のラストスパートです。

 

雪中貯蔵酒の販売価格は、2,020円を予定しています。

10年後には、2,030円にするかも知れません。

 

数に限りがありますので、お早めにお求めください。

ご予約も承ります。

 

猪苗代町 リカーショップうかわ TEL:0242-65-2226


夏のお供に末廣生酒

末廣生酒

 

1986年に福島県で最初に誕生した生酒が、この末廣生酒(末廣酒造)です。

 

和洋中、どの料理にも合うことから、発売以来、地元の宿泊施設からのご注文が途切れないロングセラー商品です。

火入れをしていないため、飲み口はスッキリ。

そして、のど通りも良く、料理の邪魔をしないことが特長です。

 

風鈴、蚊取り線香と来たら、夕涼みには良く冷やした末廣生酒も!

枝豆に良し、もろきゅうに良し、冷やしトマトにも良し。

特に、日本の夏に似合う日本酒です。

これからの季節に、ぜひ、お試しください。

 

猪苗代町 リカーショップうかわ TEL:0242-65-2226


お酒の通信販売開始時期について(お知らせ)

6月中に開始する予定でしたが、各種申請と認可に時間が掛かってしまいました。

ですが、7月中旬を目途に通信販売を開始できるよう準備を進めているところです。

正式に開始となった場合には、改めてこの場でお知らせいたします。

もうしばらくお待ちください。

 

猪苗代町 リカーショップうかわ TEL:0242-65-2226


蔵粋(くらしっく)

蔵粋

 

常連のお客様から、今回はジダケ(ネマガリダケ)をいただきました。

いつもありがとうございます。

 

ジダケは、根野菜と一緒に煮物でいただくことにします。

ジダケの煮物に合う日本酒ですが、リカーショップうかわのオススメは・・・

 

蔵粋(小原酒造)

 

です。

このお酒の名前は、クラシック音楽を蔵に流し、醪(もろみ)に聞かせて醗酵させるという手法に由来します。

 

モーツァルトを聴きながらジダケを食べると、魔笛を吹いているように見える気がしないでもありません。

蔵粋でちょいと一杯・・・粋ですね。

クラシック音楽好きのお友達へのお土産にいかがでしょうか?

 

猪苗代町 リカーショップうかわ TEL:0242-65-2226


令和2年仕込みの雪中貯蔵酒の仕上がりは?

6月の雪室

 

今日はとても暑い日で、会津若松市の最高気温は35.6℃!

それとは対照的に、雪室の中は4℃です。

 

この雪の塊の下に、雪中貯蔵酒があります。

仕込んでから3ヶ月経ちました。

あと1ヶ月熟成させれば、令和2年仕込みの雪中貯蔵酒の販売となります。

 

今日のような暑い日に、キリリと冷えた雪中貯蔵酒でクイッと一杯。

品出しが待ち遠しいです。

販売となった際には、改めてブログでご報告しますので、もうしばらくお待ちください。

ご予約も承ります。

 

猪苗代町 リカーショップうかわ TEL:0242-65-2226


ほろ酔い話のネタ本コーナー

会津の地酒紀行

 

お店の一角に、日本酒にちなんだ本を揃えたイートインスペースを用意しています。

若かりし頃、日本酒を学ぶために読んだ本や資料も本棚にありますので、どうぞ手に取ってみてください。

 

ちなみに、全国新酒鑑評会での福島県の金賞銘柄数は、7年連続で日本一です(2019年)!

福島県は、酒どころなのです。

会津の日本酒に関してご不明な点がありましたら、どうぞお気軽にお尋ねください。

 

猪苗代町 リカーショップうかわ TEL:0242-65-2226


お酒の通信販売を始めます!

遠方のみなさんにも会津の日本酒を楽しんでいただけるよう、6月中を目途に通信販売を始めます!

只今、その準備をしているところです。

届け出と許可などの事務的な手続きが済み次第、通信販売を始めて、取り扱うお酒の種類も徐々に増やしていく予定です。

蔵元が違う日本酒をセットで販売したいと思いますので、飲み比べも楽しいと思います。

しばらくお待ちください。

 

猪苗代町 リカーショップうかわ TEL:0242-65-2226


雪中貯蔵酒

雪中貯蔵酒とギョウジャニンニク

 

常連のお客様から、今回はギョウジャニンニクの醤油漬けをいただきました。

いつもありがとうございます。

 

この山菜は、名前のとおりニンニクに似た香りがする、非常に個性のあるものです。

ご紹介済みの百十五では、お酒の方が押されてしまうでしょう。

 

さて、このギョウジャニンニクに合う日本酒ですが、リカーショップうかわのオススメは・・・

 

雪中貯蔵酒(リカーショップうかわ)

 

です。

 

ギョウジャニンニクの風味には負けないものの、それでいて主張はし過ぎない・・・そのバランスが絶妙と思います。

今回は、ちょっと気分を出して庭で一杯ひっかけました。

旬のものを、それに合った日本酒で会津磐梯山を見ながらいただく・・・最高の贅沢をさせていただきました。

 

猪苗代町 リカーショップうかわ TEL:0242-65-2226


| 1/2PAGES | >>